第8回宝塚映画祭は、本日無事終了いたしました。ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。
来年はいよいよ第9回、より一層の御支援をお願い申し上げます。(2007.11.04)

8回目のタカラヅカ・シネマ・ルネサンス
小林一三が愛した街「宝塚」。そして彼は「音楽」と「映画」も愛していました。
今年は小林一三没50年にあたり、更に「モンパリ」が宝塚で上演されて80周年。その流れを汲み取り、「音楽」がキーワードの作品を中心に集めてみました。作品群は、過去の上映で人気を博した「大当り狸御殿」を皮切りに、“美空ひばり”もデジタル出演する「オペレッタ狸御殿」、新作も公開される中谷美紀主演「嫌われ松子の一生」、ミュージカルも好評な「オペラ座の怪人」と若者向きの作品もラインナップ。
宝塚映画からは、おなじみの“サザエさんシリーズ”、雪村いづみ主演“ロマンスシリーズ”、そして映画祭初登場の坂本九主演「アワモリ君、西へ行く」をセレクトしました。
かがやく女優シリーズは、八千草薫と高峰秀子にスポットあて、オペラで有名な「蝶々夫人」、日本映画初のカラー作品「カルメン故郷へ帰る」と今年デジタルリマスター版として甦った「二十四の瞳(ニュープリント版)」を上映します。
素晴らしい映画には、必ず心に残る音楽がありますね。映像と音楽のコラポレートを是非お楽しみ下さい。

新着情報

映像コンクール各賞が決まりました
詳しくはこちらへ>>>
ご案内
シネマ上映の 11:45~14:10間に始まる作品につきましては 混雑が予想され満席になる可能性がございます。 ご来場いただきましても ご入場できない場合がございますが 予めご了承下さいませ。
映像コンクール入選作品がきまりました
詳しくはこちらへ>>>
前売りチケット10月1日より発売です
詳しくはこちらへ>>>
映像コンクール作品募集
多数のご応募ありがとうございました。

【主催】宝塚映画祭実行委員会、宝塚市、宝塚市教育委員会、(財)宝塚市文化振興財団

【協賛】(株)関西都市居住サービス、鹿島建設(株)、すみれ座

【後援】兵庫県、(社)日本映画製作者連盟、(社)映画産業団体連合会、 全国興行生活衛生同業組合連合会、宝塚市国際交流協会、宝塚商工会議所、 宝塚市商店連合会、宝塚NPOセンター、 毎日新聞社、神戸新聞社、朝日新聞社、産経新聞社、読売新聞大阪本社、 NHK神戸放送局、エフエム宝塚、エフエムいたみ、池田銀行、尼崎信用金庫

【お問い合わせ】 宝塚映画祭実行委員会
TEL &FAX: 06-6345-8270
E-mail:takarazukaeigasai@gmail.com
http://takarazukaeiga.com/